橋本工務店 奈良県宇陀市 一般木造建築 注文住宅

BLOGブログ

最近の投稿

2024年04月19日
ご契約☆彡
2024年04月05日
数年ぶりに!
2024年03月25日
購入する前に
2024年03月12日
お家の引渡し
2024年02月22日
みんなでランチ

カテゴリー

(3件)
ブログ
(187件)
家造り現場だより
(81件)
日々のこと
(9件)
SIMPLE NOTE
(124件)
家造りにまつわること
(2件)
たまブログ
(2件)

月別アーカイブ

2024年04月
(2件)
2024年03月
(2件)
2024年02月
(2件)
2024年01月
(2件)
2023年12月
(3件)
2023年11月
(4件)
2023年10月
(5件)
2023年09月
(3件)
2023年08月
(4件)
2023年07月
(4件)
2023年06月
(3件)
2023年05月
(2件)
2023年04月
(3件)
2023年03月
(2件)
2023年02月
(1件)
2023年01月
(4件)
2022年12月
(2件)
2022年11月
(4件)
2022年10月
(6件)
2022年09月
(8件)
2022年08月
(11件)
2022年07月
(6件)
2022年06月
(5件)
2022年05月
(5件)
2022年04月
(9件)
2022年03月
(10件)
2022年02月
(5件)
2022年01月
(7件)
2021年12月
(7件)
2021年11月
(7件)
2021年10月
(5件)
2021年09月
(8件)
2021年08月
(5件)
2021年07月
(7件)
2021年06月
(6件)
2021年05月
(10件)
2021年04月
(5件)
2021年03月
(7件)
2021年02月
(8件)
2021年01月
(8件)
2020年12月
(9件)
2020年11月
(6件)
2020年10月
(7件)
2020年09月
(11件)
2020年08月
(8件)
2020年07月
(10件)
2020年06月
(12件)
2020年05月
(6件)
2020年04月
(4件)
2020年03月
(4件)
2020年02月
(6件)
2020年01月
(2件)
2019年12月
(3件)
2019年11月
(3件)
2019年10月
(2件)
2019年09月
(5件)
2019年08月
(2件)
2019年07月
(2件)
2019年06月
(5件)
2019年05月
(4件)
2019年04月
(1件)
2019年03月
(1件)
2019年01月
(2件)
2018年12月
(2件)
2018年11月
(1件)
2018年10月
(3件)
2018年09月
(2件)
2018年08月
(2件)
2018年07月
(1件)
2018年06月
(2件)
2018年05月
(3件)
2018年04月
(1件)
2018年03月
(4件)
2018年02月
(1件)
2018年01月
(3件)
2017年12月
(3件)
2017年11月
(1件)
2017年10月
(1件)
2017年08月
(2件)
2017年05月
(1件)
2016年03月
(1件)
2016年01月
(2件)
2015年12月
(2件)
2015年11月
(1件)
2015年10月
(2件)
2015年09月
(1件)
2015年04月
(2件)
2015年03月
(1件)
2015年02月
(1件)
2014年12月
(2件)
2014年06月
(2件)
2014年03月
(4件)
2014年02月
(2件)
2014年01月
(1件)
2013年12月
(1件)
2013年11月
(2件)
2013年10月
(3件)
2013年09月
(1件)
2013年07月
(3件)
2013年06月
(3件)
2013年05月
(8件)
2013年04月
(4件)
2013年02月
(3件)
2013年01月
(1件)

表示タイプ:アーカイブ記事リスト

カテゴリ:全て

投稿期間:2022年08月

HIT数:11件

50坪の土地にはどんな家が建つのか

2022年08月31日SIMPLE NOTE

こんにちは、クオリティハウスの橋本です!

一昨日は涼しかったのに、また暑さが戻ってきましたね。汗

なんだか今年は雨も多くてジメジメしますよね。汗


さて、前々回のブログの続きです
販売されている土地面積の中で最も比率が高いのが「50坪」ですが、
この広さの土地に建っているお家の大半が2階建てです。

なので、この広さの土地を買った場合、
当たり前のように2階建てのお家を建てることを前提としてお家の打ち合わせが始まっていくかもしれませんが
50坪の土地には土地の形状や建てる家の大きさ次第で平屋を建てることが出来るので、
今回は「50坪」の土地についてお伝えしていきたいと思います。


では今回も、「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」と、
「車1台につき約4.5坪必要だ」という2つの前提条件をベースとして、一緒に考えていきたいと思います。

おそらく前回の45坪や前々回よりの40坪よりも
対象となる方が多いと思うので、最後までお付き合いいただければと思います。

☑車を4台置きたい場合

仮にあなたにお子さんが2人いたら、子供たちが大きくなり
車を持った時のことを考えて、車を4台置けるようにしたいとお考えになると思います。

となると
4.5坪×4台=18坪+10坪=28坪が50坪から差し引かれることになるので、
残りの22坪が、建てられる家の1階部分の最大面積となります。
そして、これを帖数に換算すると、22坪×2=44帖となります。

では、前回、前々回同様、
玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、
玄関ホールに1帖、LDKに16帖、
トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、
脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、
階段に2帖必要だと仮定して、
残りの17帖をどうつくるのかを
考えていってみましょう。

この場合、オススメなのは、子供部屋を1階につくることです。
2階よりも1階にあった方が、子供たちが自分の部屋を使いやすいからです。

2階は親の気配が感じられないため、
子供たちが不安を感じてしまうのに対し、
同じフロアにあれば、子供たちは親の気配も感じつつ
自分の部屋で遊べますからね。

結果、リビングやダイニングに子供たちのものが散乱しにくくもなります。

いわばこの部屋は、子供部屋兼、
セカンドリビング兼、子供のもの収納、という考え方ってわけですね。

なので、まずは子供部屋に9帖使うと仮定しましょう。
4.5帖×2室ですね。

となると、残りは8帖となるのですが、これを全て収納スペースで使うのか?
あるいは、収納スペースを減らし中庭を設けるようにするのか?
ということになります。

仮に、中庭を4帖つくるとしたら収納スペースは4帖であり、
仮に中庭をつくらないとしたら収納スペースを8帖分
つくることが出来るという感じです。

ただし、中庭を作らない場合は、
採光やプライバシーの担保を別の方法で補わないといけませんが。

☑車は3台でいい場合

駐車スペースが1台減れば、
家に使うことが出来るスペースが先程より9帖分増えます。

となると、2つの選択肢が出てきます。
1つは、2階建てのままで
1階の収納を充実させながら、もっと広い中庭をつくるという選択肢。

そして、もう1つは、寝室も1階につくり平屋にする
という選択肢です。

平屋だと階段がいらなくなるので、先程の9帖に階段の2帖を合わせた11帖を、
寝室や収納といったスペースに使うことが出来るようになります。

仮に、寝室に6帖、
寝室のクローゼットに3帖としたら、もう2帖分は、子供部屋の収納やあるいは別の収納として
使うことが出来るというわけですね。

あるいは、中庭を広げるという選択肢も取れるようになります。
子供部屋に収納を設けないとしたら、もう2帖中庭を広げられるという風に。

いかがでしょうか?
3人家族の方はもちろん、4人家族の方でも、
充分住みやすそうな平屋を建てることが出来そうな気がしませんか?

☑車が2台でいい場合

そして、もう1台駐車スペースが減れば、さらにもう9帖分、
家を大きくすることが出来ます。

とはいえ、この場合建築基準法によってその地域ごとに建てられる建物に制限があり、
建ぺい率が60%で指定されているとしたら、(ざっくり1階としてつくれる大きさの限度です)
50坪×60%=30坪までしかつくれないので、30坪=60帖がこの土地でつくることが出来る最大の大きさということになります。

でも、先程よりもさらに7帖分家を大きくすることが出来るので、
その分、ゆとりを持って設計をすることが出来ますよね。

まっ、そうは言っても、同時にコストのことも考えなければいけないので、
単純に家を大きくしたらいいってわけでもないんですけどね。

というわけで、土地が50坪あれば
平屋という選択肢もあるんだよということをぜひ覚えておいていただけたらと思います。

では、次回は、さらに5坪広げた55坪の土地について
一緒に考えていきたいと思います!

続きを読む

基礎断熱工事と換気システム

2022年08月29日家造り現場だより

こんにちは、クオリティハウスの橋本です!

今朝は一気に冷え込んだ気がします。
窓を開けていたら、ちょっと寒かったです。
もうすぐ秋っていう感じの空と空気感になってきたように思います!
実は、秋が一番好きです♪ハロウィンやおいしいものがあって(笑)


さて、桜井市で先日上棟したa様邸
防蟻工事と基礎断熱工事も終わり
換気システムの工事中☆

防蟻工事はホウ酸です
ホウ酸は自然界に存在するもので、人体にも影響ほとんどなく、シックハウス症候群の方にも安心な防蟻処理です(個人差はあります)

続きを読む

祝上棟

2022年08月24日家造り現場だより

こんにちは、クオリティハウスの橋本です。

昨日は桜井市にて上棟でした!

今回はインナーガレージがあるお家です☆

いざ家の骨組みが出来上がっていくと、大きくて施主様もビックリされていました。

図面で見ていると小さく感じるようです(^-^;

でも終始うれしそうにされていて、良かったなぁと思いました☆

今回は申請の都合などで1年くらいお打ち合わせをさせていただき、その間にたくさんお話をさせていただきました。

弊社では打ち合わせ期間が長い方が比較的多いです(納得いくまで話し合うので)
それはなぜかというと、家づくりは実際その家に暮らす家族主体でとなって行うものだからです。
家は慌ててバタバタと建てるものではありませんし(普段の暮らしもあるので)
だから、施主様のペースで進めます。
決してこちらの都合で決めたり急かしたりしません。
アドバイスはさせていただきますが、押し付けもしません。
相手の立場に立って考える、自分たちの考えや主観を施主様に押し付けないようには心がけています。
出来ること、出来ないこともありますが、いつもその施主様にとっての最善を探しています。
だから、たくさん話し合ったりします。

その分、住んだ後が楽だと喜んでいただいております。


わたしたちは、お金よりも何よりも人が何よりの財産だと思っていますから。


信頼いただいて、任せていただいて、ありがとうございます。

安全に工事を進めていきます、今後ともよろしくお願いいたします。


続きを読む

丸太の加工

2022年08月24日家造り現場だより

こんにちは、クオリティハウスの橋本です!

お盆中に頑張った木の仕事、ちょっと時差投稿になりますが(^-^;

a様邸のお家に使う檜の丸太の加工!!

続きを読む

45坪の土地にはどんな家が建つのか

2022年08月22日SIMPLE NOTE

こんばんは、クオリティハウスの橋本です☆

今回は前回より土地の広さを5坪大きくし、
45坪の土地に建てることが出来る家についてお伝えしていきたいと思います。

今回も前回同様に、「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」「車1台につき約4.5坪必要だ」
という2つの前提条件をベースに考えていきたいと思います。

土地が5坪大きくなれば、一体どれだけ建物の自由度が広がるのかに着目していただければと思います。

☑駐車スペースが3台必要な場合

この場合、駐車スペースには、4.5坪×3台=13.5坪必要となります。
そして、これに10坪の余白を足すと23.5坪になるので、45坪から23.5坪を差し引いた21.5坪が、
建てられる家の1階部分の最大面積となります。
そして、これを帖数に換算すると、21.5坪×2=43帖となります。

では、前回同様、玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、
玄関ホールに1帖、LDKに16帖、トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、
脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、階段に2帖必要だと仮定して、残りの16帖をどうつくるのかを考えていってみましょう。

仮に、1階に寝室を配置するとして、この部屋の広さを6帖にすると、残りは10帖ですね。

そして、寝室付近に3帖のウォークインクローゼットをつくるとしたら残りは7帖となります。

また、この収納とは別に、2帖の玄関収納と2帖のパントリーをつくるとしたら、残りが3帖となるのですが、こうなれば、この3帖を「中庭」に充てても良さそうですよね。

土地の形にもよるものの、車を3台とめるとなると、
ざっとこんな感じになります。
(この場合、子供部屋は必然的に2階になります)

☑「駐車スペースが2台でいい場合

駐車スペースが2台でよければ、1階の面積を9帖(4.5坪)広げることが出来ます。

となると、寝室に加えて子供部屋も1階につくることが出来るのですが、
そうなれば必然的に平屋となり、結果、階段がいらなくなるため、9帖に2帖をプラスした11帖を子供部屋に使うことが出来ます。

子供部屋を2部屋つくるとしたら、それぞれ収納も含めて5,5帖ずつの部屋というわけですね。

要するに、駐車スペースが2台でよければ、
45坪の土地でも、「平屋」を建てることが出来る
ということですね。

もちろん、土地の形や周囲の環境にもよるし、
建ぺい率による制限もあるので、絶対というわけではないですけどね。あくまで、可能性として、捉えていただければと思います。

☑駐車スペースが4台必要な場合

逆に、駐車スペースをもう1台増やしたいとなると、
駐車スペースが3台の場合よりも、9帖分家を小さくせざるを得ません。
つまり、1階部分を34帖(=17坪)でつくらないといけないというわけです。

となると、玄関、LDK、水回りなどを除いた残りの面積は7帖になるのですが、こうなれば間取りの選択肢がグンと縮まります。

中庭をつくれば、各個室を全て2階につくらざるを得なくなるし、
1階に部屋をつくるとしたら、1階に充分な収納をつくれなくなり、使い勝手が悪く散らかりやすい家に
なってしまうかもしれないし、かつ、中庭もつくれなくなるため、採光やプライバシーの担保を、
別の方法で補わないといけなくなります。

つまり、この土地の広さに車を4台置こうとすると、
住みやすい家になる可能性が低くなってしまうということなんですよね。

いかがでしょうか?

結論としては、理論上は45坪広さがあれば、
置く車の台数や土地の形状によっては、平屋を建てることも出来ますが、たいていの場合、
寝室ないし子供部屋を2階に配置するようになるんじゃないかなと思います。

ということで、もしあなたが確実に平屋を建てたいとお考えであれば、50坪以上を目安として、
土地選びをしていただければと思います。

では、次回は、その50坪の土地について
一緒に考えていきたいと思います!

続きを読む

< 123 >

奈良県内や宇陀市を中心に、新築・リフォームなど住まいづくりをします。

0745-82-2752

0745-82-2752 お問合わせ

株式会社橋本工務店/〒633-0218 奈良県宇陀市榛原檜牧1123-1

受付時間/ 9:00~18:00(休業日:日曜・年末年始・GW・お盆)

お問い合わせ

このページのトップへ

電話 LINE 資料請求