橋本工務店 奈良県宇陀市 一般木造建築 注文住宅

BLOGブログ

最近の投稿

2024年02月22日
みんなでランチ
2024年02月10日
今日はお引渡し
2024年01月29日
ドアの色塗り
2024年01月15日
本年もよろしくお願いいたします!
2023年12月31日
2023年も大変お世話になりました

カテゴリー

日々のこと
(9件)
家造り現場だより
(80件)
ブログ
(185件)
(2件)
SIMPLE NOTE
(124件)
家造りにまつわること
(2件)
たまブログ
(2件)

月別アーカイブ

2024年02月
(2件)
2024年01月
(2件)
2023年12月
(3件)
2023年11月
(4件)
2023年10月
(5件)
2023年09月
(3件)
2023年08月
(4件)
2023年07月
(4件)
2023年06月
(3件)
2023年05月
(2件)
2023年04月
(3件)
2023年03月
(2件)
2023年02月
(1件)
2023年01月
(4件)
2022年12月
(2件)
2022年11月
(4件)
2022年10月
(6件)
2022年09月
(8件)
2022年08月
(11件)
2022年07月
(6件)
2022年06月
(5件)
2022年05月
(5件)
2022年04月
(9件)
2022年03月
(10件)
2022年02月
(5件)
2022年01月
(7件)
2021年12月
(7件)
2021年11月
(7件)
2021年10月
(5件)
2021年09月
(8件)
2021年08月
(5件)
2021年07月
(7件)
2021年06月
(6件)
2021年05月
(10件)
2021年04月
(5件)
2021年03月
(7件)
2021年02月
(8件)
2021年01月
(8件)
2020年12月
(9件)
2020年11月
(6件)
2020年10月
(7件)
2020年09月
(11件)
2020年08月
(8件)
2020年07月
(10件)
2020年06月
(12件)
2020年05月
(6件)
2020年04月
(4件)
2020年03月
(4件)
2020年02月
(6件)
2020年01月
(2件)
2019年12月
(3件)
2019年11月
(3件)
2019年10月
(2件)
2019年09月
(5件)
2019年08月
(2件)
2019年07月
(2件)
2019年06月
(5件)
2019年05月
(4件)
2019年04月
(1件)
2019年03月
(1件)
2019年01月
(2件)
2018年12月
(2件)
2018年11月
(1件)
2018年10月
(3件)
2018年09月
(2件)
2018年08月
(2件)
2018年07月
(1件)
2018年06月
(2件)
2018年05月
(3件)
2018年04月
(1件)
2018年03月
(4件)
2018年02月
(1件)
2018年01月
(3件)
2017年12月
(3件)
2017年11月
(1件)
2017年10月
(1件)
2017年08月
(2件)
2017年05月
(1件)
2016年03月
(1件)
2016年01月
(2件)
2015年12月
(2件)
2015年11月
(1件)
2015年10月
(2件)
2015年09月
(1件)
2015年04月
(2件)
2015年03月
(1件)
2015年02月
(1件)
2014年12月
(2件)
2014年06月
(2件)
2014年03月
(4件)
2014年02月
(2件)
2014年01月
(1件)
2013年12月
(1件)
2013年11月
(2件)
2013年10月
(3件)
2013年09月
(1件)
2013年07月
(3件)
2013年06月
(3件)
2013年05月
(8件)
2013年04月
(4件)
2013年02月
(3件)
2013年01月
(1件)

表示タイプ:アーカイブ記事リスト

カテゴリ:全て

投稿期間:2021年03月

HIT数:7件

家づくりのコストを左右する収納

2021年03月25日SIMPLE NOTE

こんばんは、クオリティハウスの橋本です。

前回お伝えさせていただいたように、家は出来るだけミニマムにつくるべきです。

その最も大きな理由は、もちろん『コスト』なのですが、
今回お伝えさせていただく『収納』もまた、いたずらにコストを押し上げてしまう大きな要因となります。


“家を建てるなら、収納はたくさんつくりたい・・”
家を建てる誰もが、間違いなくこのようにお考えになるでしょう。

今暮らしているアパートの収納では、全てがおさまりきらず、
部屋に溢れてしまっているでしょうし・・・

そして、予算が許す限り出来るだけ多くの収納をつくりたいとお考えになり、
その希望を設計士に伝えます。

☑家づくりの落とし穴

しかし、いざプランが出来上がってみると、
“あれっ?これだけじゃ足りないんじゃないか?”
と感じてしまいます。

プリントアウトされた間取図をひたすら上から見てしまうと、
99.9999%収納が少ないような気がしてしまうからです。
そして、その不安を打ち消すために、
床面積を広げることによって、収納の分量を増やそうとします。

結果、それに連動して家のコストがどんどん膨れ上がっていってしまいます。

☑収納の正しい考え方

このように、収納を『床面積』で判断してしまうと、
それに連動してコストが上がってしまうことになるのですが、
しかし、それに比例して、より多くのモノが置けるようになるわけではありません。

ましてや、動線をより短くし利便性を高めるために、『通り抜け動線』にされる方がいらっしゃいますが、
通り抜けることが出来るということは、イコール『廊下』がそこに出来るということであり、
そのスペースを収納として使えなくなるため、
床面積とコストは増えたものの、収納量は増えないどころか減ってしまう・・・
なんてことになってしまいます。

では、どうすればいいのか?ということになりますが、
この答えは至って簡単で、
収納は『壁面積』で考えるということです。

つまり、いかに壁を上手く使ったか?
ということが収納量を大きく左右する要因となるわけですね。

例えば、一般的に天井高は2m40cmありますが、
この高さの中に、棚板を2枚しかつけないのと5枚つけたのでは、
単純に置ける場所が2倍違ってくることになります。
2枚の場合、3段の収納になるのに対し、5枚の場合、6段の収納になるからです。

また、リビングダイニングキッチンの周辺に置くものは、
細々したモノばかりだと思いますが、
これらを管理しやすくしようと思えば、奥行きの深い収納をつくるより、奥行きが浅い収納をつくるべきです。

そして、奥行きを半分にし、逆に横幅を2倍にすれば、
全く同じ床面積のまま、つまりコストは全く同じのままで
収納量を4倍にまで増やすことが出来ます。

また、そもそも家の壁の量を多くすることも大切です。
つまり、必要がない窓はなくすべきである、
ということですね。

家の壁が多くなれば、収納として利用出来る壁が増えます。
また、それだけじゃなく、壁が多くなった分、耐震性も高くなるし、
窓よりも壁が増えた分、断熱性も気密性も高くなります。

このように壁を上手く使うことを前提とした収納づくりをすることが出来れば、
家のコストを上げることなく、収納がたっぷりあるお家をつくることが出来るだけじゃなく、
耐震性にも省エネ性にも優れたお家をつくることが出来るようになります。

ということで、間取図をずっと眺めて、無駄に床面積とコストを増やしてしまわないように気を付けながら、
家づくりをしていただければと思います♪


続きを読む

暮らしの見学会ありがとうございました

2021年03月21日ブログ

こんばんは、クオリティハウスの橋本です♪

昨日と今日は暮らしの見学会を開催させていただきました(^^)
お施主様、お越しいただいたご家族様、ありがとうございました。

皆さま、『今の自分の家より、床が冷たくない~足元が全然寒くない~』と。
底冷えしないようです☆
今日はそんなに寒くないし、暖房はナシでした。

色々なお話しが聞けて、本当に楽しかったです。そして、色々な気づきもあった2日間でした。


普段から、子育て世代のご家族のリアルの声をダイレクトに聞いている私たちは、様々な問題と直面します。

それはご家族によって違うこともあれば、
あ〜皆さん同じだな〜と思うこともあれば。

でも、周囲になかなか理解してもらえず、自分たち家族だけで抱えてしまってることもあるんじゃないかなぁ...って感じることもあります。
核家族化や少子高齢化、共働きが増えたことも要因なのかな?


もしも、自分たちと違ったとしても
否定したり批判したりするのではなく
『知る』ことってとても大切なんだと思います。

10人いれば10の人格があって
それぞれの立場があって
価値観があって
暮らしがあって。

何が正しいかどうかなんて、正解はないのかもしれません。

表面だけでは分からないものも沢山あります。

誤解や偏見の多くは、見る必要がないから、または見ようとしないことから生まれます。
人ってどうしても自分のフィルターを通して見てしまうし、
自分のモノサシで図った方が楽なんですよね。

でも、それって違うんじゃないかって思うんですよね。

お互い『知らない、知ろうとしない』って、すごくもったいないような気がします。

でも、私たちが見てきた中では
色んな問題の根底にあるのは
『自分以外の誰かへの思いやり』って、やっぱり多かったように思います。

やっぱり、人って自分のためだけじゃなく、自分以外の大切な人の幸せのためにも生きているんですよね。

そんな大切なことを知ろうとすること
物事の本質を見抜くことって
本当に大切なことなんです。

そこからまた新しい気づきがあって、
解決する方法も見えてくるし
成長がある。

良い家を建てるのは当たり前です。
私たちは目の前のご家族の一番の理解者になりたいし
1つの点にとらわれることなく
これからもご家族が幸せになる道を一緒に考え、悩み、模索していきたいと思います。

きっとそれがわたしたちに与えられた生きる道なんだな~と思った今日この頃でした。

『みんな違って、みんな良い☆』


では、お休みなさい♪

続きを読む

どうして予算オーバーになってしまうのか

2021年03月21日SIMPLE NOTE

こんばんは、クオリティハウスの橋本です♪

さて、多くの方が、自分が建てるお家の基準を坪数で判断してしまいますが、
その基準に沿って家づくりをしようとすると、家の予算オーバーを招きやすくなります。

その理由は、単純に家は面積が大きくなればなるほど、
それに連動してコストも高くなってしまうからです。

また、無駄に家の面積を大きくしてしまうと、家そのもののコストが高くなってしまうだけじゃなく、
その他の全てのコストも高くなってしまいやすくなります。

光熱費・・家の固定資産税・・
メンテナンス費(塗り替え)・・改装費(将来)・・
土地の広さ=土地価格・・土地の固定資産税・・
外構工事費・・といった諸々のコストが、です。

ですので、出来るだけミニマムなお家を建てることで
建てた後もずっと、安心して暮らしていくためには最良の方法と言えます。

もちろん、合理的に無駄を削ることで、使いやすさや住みやすさを
開放感を失わないようにすることが大前提です。


では、平屋を建てると仮定して、これについて考えていってみましょう。

平屋のお家を建てる場合、タタミ1枚分あたりにつき、
約30万円前後のコストがかかっているため、
これを坪で換算するとタタミ2枚=1坪なので、
坪当たり約60万円のコストがかかっていることになります。
(面積や材料によって差異はあります)

ですので、同じ平屋を建てるとしても、
5坪=10帖面積が違えば、約300万円家の価格が違ってくることになるのですが、
実は、あなたの頭の中の思い込みから、
10帖分面積を縮めることは、そう難しいことではありません。

例えば、あなたにとって『廊下』は、必要不可欠なものではないと思いますが、
意識せず間取りをつくってしまうと、案外出来てしまうのがこの『廊下』です。

ですので、この『廊下』を出来るだけつくらないように設計することが
合理的な面積カットの第一歩となります。

また、平屋の場合、全ての部屋と収納が1階にあることから、
2階建てでは当たり前となっているコトを、なくしたり減らしたりすることが出来ます。

まず、なくすことが出来るのが『和室』です。
寝室と子ども部屋が2階にある2階建て住宅の場合、子どもたちが自分の部屋を上手く使えないこと、
また、1階がリビングだけでは使い勝手が悪いこと、
(親御さんが泊まりに来た時に寝る部屋がない)
そして、足腰が悪くなった時に備えて、1階に和室を作らざるを得なくなります。

他方、平屋は寝室も子ども部屋も1階にあるため、
こういったことに備えて、『和室』をつくる必要がないというわけですね。

子供たちが小さいうちは、子供たちは自分の部屋で寝ないでしょうから、
親御さんには子ども部屋で寝てもらえばいいわけですしね。

そして、減らすことが出来るのが、寝室や子ども部屋の広さです。

というのも、寝室は文字通り、ただ寝るだけの部屋だからだし、
昔のように、タンスやドレッサーといった場所をとる荷物もなければ、
寝室の近くに大きなクローゼットをつくることが当たり前となっているからです。

また、子ども部屋に関しても、無駄に大きくつくる必要はないと思いませんか?
子供たちはやがて家を出て行くため、そうなれば、この部屋を持て余すようになる可能性が高いわけですからね。

いかがでしょうか?

これらの中でなくてもいいかな?と思ったものを減らしていけば、
あっという間に10帖ぐらい削ることが出来ます。

もちろん、予算が許すのであれば、和室もつくればいいのではないでしょうか。
また、寝室や子ども部屋も広くつくればいいと思います。

しかし、資金計画の結果、予算にゆとりがないとしたら、
これらは合理的に考えるべき要素となります。

ということで、家づくりをする時に、
『○○坪ぐらいの広さが欲しい』という価値観で、進めていかないようにしていただければと思います。

家は、大きくなったから使いやすく住みやすいというわけでもなければ、
小さくなってしまったから、使いにくく住みにくいというわけでもありませんから(^^)/

続きを読む

建築マニアのブログ

2021年03月18日家造り現場だより

代表の橋本恵至です。


今日は住宅の納まりについて書いてみたいと思います。

納まりって何?って思うと思いますが
簡単に言うと部材の取り合い(構造部材の接合部など)や取付、仕上がりの見た目です。

納まりをしっかりと考えないと、もちろん仕上がりの見た目も変わりますし

屋根に関しては特に納まりを考えて考え抜かないと雨漏りの原因にもなりかねません。(これを雨仕舞といいます)

最近では屋根の軒先が無い住宅もよく見かけますし、弊社でも施工させていただいています。

軒先が無い場合は、雨水が侵入しないように納まりをしっかり考え細心の注意を払って施工しないと、雨水が侵入してしまい家が長持ちしません。

また、壁と外壁の間に湿気を逃す通気層をもうけますが、風がたくさん通るようになっていないと、結露などのリスクも高くなります。

軒なしの場合は通常の軒ありの部材を使った施工などでは、それらのリスクが高すぎるので、施工方法を変えなければいけません。

せっかくの夢のマイホームが台無しになる為、軒先(妻側)の施工は下の写真のようにしっかりと検討した納まりにする必要があります。

住宅会社によっては納まりが違う場合がありますが、ほんの小さな事で家の耐久性にも関わる事があるので、とても重要な事と長年大工をしていた僕は捉えています。

見た目(デザイン)もとても大事ですがその見た目になるまでの納まりもとても重要なことなんです。

また、その家その家によって、より良い納まりを考えることが大切です。

一般の方にはなかなか目に見えないところで、分かりにくいところですが、そこがしっかりしていたらどんな家でも絶対大丈夫です。

でも、それらがダメならどんな素晴らしい設計の家でも豪華な家でも、ダメです。

施工に関する信念は曲げず、これからも良い家を建てていきたいと思います。

続きを読む

家の予算ってどうやって考えるの??

2021年03月17日SIMPLE NOTE

こんばんは、クオリティハウスの橋本です☆

家づくりの予算は、
自己資金が多いか少ないかによって大きな差が生まれます。

例えば、家づくりの総予算が3500万円だとしたら、
自己資金が1000万円あれば、銀行からの借入れは2500万円で済むため、
これを35年返済で試算してみると、
毎月の返済は約70,000円となるのですが、
自己資金が100万円だとしたら、
銀行から3400万円借入れせざるを得なくなり、
毎月の返済は約100,000円となってしまいます。

ですので、自己資金100万円のあなたが、
無理なく支払っていくことが出来る金額が、
毎月70,000円だとしたら、
あなたは900万円予算を圧縮する必要があります。

しかし、900万円もの予算を、
家だけで圧縮しようとしても100%不可能です。
2000万円であれば1100万円にしないといけないし、
1800万円であれば900万円にしないといけないわけですからね。
とてもじゃないけど家なんて建てられません・・・

この場合、家だけで予算を圧縮することを考えるのではなく、
家はもちろん、土地や外構工事の予算も
同時に見直す必要があります。

家で予算を400万円圧縮、
土地で予算を400万円圧縮、
庭で予算を100万円圧縮という感じですね。

具体的に3500万円の総予算が、
土地代として1000万円、
家代として2100万円、
庭代として200万円、
諸経費として200万円、だとしたら、

土地代を600万円、
家代を1700万円、
庭代を100万円、
諸経費を200万円、といった感じに、
それぞれの予算を圧縮していかなくてはいけません。

となると、必然的に
土地を探す地域を変えざるを得なくなるかもしれないし、
あるいは地域変更が無理なら、
土地面積を小さくするか、
あるいは、形や日当たりが悪そうな、
いわゆる条件の悪い土地を探さざるを得ません。

また、家に関しても、
使う材料や設備のコストを抑えると同時に、
面積を小さくすることによって、
コストを抑えざるを得なくなります。

外構に関しても、
余分な装飾工事を施さなくていい家にする、
また、土地に無駄な余白をつくらないようする
などの工夫が必要となってきます。

とはいえ、、、

☑そもそも予算を圧縮して、いい家が建つのか?

と多くの方がお感じになるでしょうし、
その不安から家づくりを諦めてしまうかもしれません。
あるいは、そんな予算じゃ無理だからと、
無理な予算で家づくりをしてしまうかもしれません。

確かに、土地の予算が少なくなれば、
みんなが買っているような新規分譲地に
手出しすることは出来なくなるかもしれません。

みんなが買っているような日当たりが良い土地や、
形がきれいな土地ではなく、
その真逆の条件が悪い土地にせざるを得ないかもしれません。

しかし、家の明るさや開放感は、
実は、土地の日当たりの良し悪しに
左右されるものではありません。
また、住み心地の良さや使い勝手の良さも、
土地の形に左右されるものでもありません。

現に弊社のお客様は、
土地予算を数百万円も圧縮しながら、
家づくりをされている方がほとんどです。
そして、土地の条件の悪さを要因として、
明るさや開放感が失われてしまった家は一軒もありません。

家に関しても予算を縮める最良の方法は、
家の面積を縮めることですが、
面積を縮めたからといって、
収納不足に陥るわけでもなければ、
使い勝手が悪くなるわけでもなく、
事実、弊社のお家は非常に居住性に優れています。

また、明るさ、開放感、居住性の向上だけじゃなく、
同時に、プライバシーや防犯性にも
優れた住まいになっているし、
それが結果的に、庭の工事費用を抑える
大きな要因にもなっています。
デザイン性の向上という成果によって、です。

ということで、あなたが予算を少しでも圧縮しながら
居住性とデザイン性に優れたお家を建てたいとお考えなら、
この事実を確認がてら
ぜひ一度弊社のお家を見に来ていただければと思います。
きっと、あなたの家づくりの視野が一気に広がるはずです(^^)/





続きを読む

< 12 >

奈良県内や宇陀市を中心に、新築・リフォームなど住まいづくりをします。

0745-82-2752

0745-82-2752 お問合わせ

株式会社橋本工務店/〒633-0218 奈良県宇陀市榛原檜牧1123-1

受付時間/ 9:00~18:00(休業日:日曜・年末年始・GW・お盆)

お問い合わせ

このページのトップへ

電話 LINE 資料請求